パナマ夫婦旅1 ~南米大陸から中米へ~

3月18日 旅に出て183日目

オッラー

15時45分、コロンビアの『メデジン』から1時間ちょっとのフライトで、南米と中米の接続点『パナマ』に到着。
P3190860.jpg


日本語でお出迎え。
「歓迎します。おかけしてすみません。我々はあなたのために改造します。」
翻訳機を使って日本語に訳したのでしょうか…。
IMG_9220.jpg
パナマの入国審査では、全員顔写真を撮られ、指紋を取られます。
作業が多いせいか、イミグレの窓口がやたら多かったです。
私の指紋はなかなか読み取れず、15分くらいかかってしまったんですが、、、
担当係官に、チッって舌打ちされたり、ふかーい溜息を何度もつかれたり、激しくイヤな顔されたり、スペイン語でブツブツ文句言われたりしました。。。
日本でこんな対応したら速攻クビ?海外ではよくあることです。


空港タクシーでお宿へ。一律USD30
30分弱で新市街に到着。
IMG_9257.jpg
お目当てのお宿は潰れていて、おまけに周辺(新市街)には安宿が一切無い…。
1時間くらい歩いて探したけど収穫ゼロ!!
超暑くて、フラフラになりました。


他のエリアへタクシーで移動することに。
本日のお宿は“Hotel Rio de Janeiro”朝食無し一泊USD25 AC・ホットシャワー・TV・WiFi不可
IMG_9229.jpg
びょびょびょういん??
薄気味悪くて他のお宿へ移りたかったけど、もう疲れすぎてたのでこちらに決定…涙
Av.Peru y Calle 26~27 Calidonia
6694-5871


お宿周辺は売春宿が多く、売春婦やゲイ、カジノがやたら多かったです。
道を2本ズレると貧民街でかなり危険エリア。ローカルも近づかないそうです。
お宿周辺では、カメラはもちろん、iPhoneを出すのにも勇気が入り写真が一枚も無いのが残念…涙
とにかく黒人が多いです。
ここはアフリカ?と思う程、黒人率がすごかった。(新市街は白人)

黒人の他、中国人も半端なかった。
お宿周辺のレストランもスーパーも中国人経営ばかり。
なんと30万人の中国人がパナマに住み、北海道より小さなこの国に中華街は2カ所もあるそうです。


首都のパナマシティーのある一部分だけは高層ビルが密集。
P3241170.jpg


P3241160.jpg


南米でもそうだったんっだけど、道に余裕があり一通のところが多い。
P3241156.jpg


遊歩道があって、サイクリングやランニングやスケボーできるのがステキ。
P3241165.jpg


P3241172.jpg


警察官は馬に乗って警備中。
P3241173.jpg
発展してるのはこの辺だけで、ここ以外はかなり途上国全開。
パナマに来るまでは、この写真みたいな街並みが広がってると想像してたけど大間違い。
お宿周辺の雰囲気ったら。。
もっとイケてると思ってたんだけどなー。


どこの民族衣装なんだろう…?
P3241190.jpg


公園では集団エクササイズ。
ピンクを身に着けるのが条件なのかな?
P3241176.jpg


すごい数の人がいました。
男性は立ち入り禁止で警備員がチェックしてました。
P3241184.jpg


タイなんかと同じくビールには氷を入れて飲む習慣があるみたい。
IMG_9234.jpg
彼女はドミニカ人。
他のスタッフで、感じの良い子だな~。と思っていたらコロンビア人ということが判明。
コロンビア人は人当たりの良い人が多い様に思います。


フライドビーフ、フレンチフライ、サラダ
IMG_9235.jpg


チキンバージョン
IMG_9238.jpg
お会計USD18

スポンサーサイト
ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

自己紹介

R

Author:R
5カ国目(夫は6カ国目)の駐在生活中。

これまでの駐在先は、(アフリカ)→アジア→アジア→アフリカ→アジア→アジア。
諸事情により、駐在国名や地名や店名などは敢えて伏せてます。

万一このブログを見つけてしまった友人・知人の皆様、ご一報を!笑

趣味は旅。過去の旅日記も追加していきたいと思います。

過去記事一覧

全ての記事を表示する

カテゴリ
新着記事
カウンター
検索フォーム