パナマ夫婦旅3 ~欧米人に人気の隠れ家的リゾート サンブラス諸島~

3月20日 旅に出て185日目

オッラー

カリブ海に約350の島が浮かんでいる欧米人に人気沸騰中の『サンブラス諸島』へ。
約5万人のクナ族という先住民が、約40島に住んでいます。
ほとんどの島には電気も水道もありません。
女性が作る“モラ”という伝統衣装は、何枚も重ねた布にアップリケや刺繍をし、腕と足のふくらはぎにはビーズで出来た幅の広いブレスレットをつけています。

通常サンブラス諸島へは個人ではなく、ツアーで行きます。
まだまだ発展途上中のリゾートなので、自力で行くのは効率が悪く、フライトや宿の予約が面倒。

パナマシティーで旅行代理店を探しまくったけど、そもそも代理店が全然見つからない…。
2時間くらい歩いて探してようやく見つけた代理店!!

「サンブラス諸島へ行きたいんですけど。」

「あいにく、今月いっぱいは飛行機が全て埋まっています。」

「え??」

「ですからー、飛行機の空きが無いので、行くことが出来ません。」

「今なんて仰いました??」

なんと!!!
ベストシーズン中の3月は飛行機がいっぱいなんだそうな!
暑い中、やっとやっと見つけた旅行代理店での返答がこれ??苦笑

「キャンセル待ちは出来ないの??」

「残念ながらできません。」

「じゃあ、飛行機じゃなく、ボートで行けないの??」

「…。無理に決まってるでしょ!」

日本人は色んなオプションをくれるけど、途上国ではこちらが聞きださないとそれ以上のことは教えてくれません。
聞いたことにしか返事しません。それも適当に。
一つ一つしらみつぶしにしていくしかありません。

諦めきれない私。。。

そもそも旅行代理店自体見つからない状況なのに、気分はもうサンブラス諸島。
また歩き、旅行代理店を探しました。

ようやく見つけた2軒目の旅行代理店!!

「3月は飛行機は予約でいっぱいだからムリよ。」

やっぱりダメなんだ…涙

「まさかボートで行けたりしないよね??」

「行けますよ。」

ま・ま・まじでー!??

陸路で行ってそこからボートに乗るんだって。
太平洋からカリブ海まで行かなきゃいけないから、陸路移動も相当時間かかるかと思ったけど、なんと3時間でボート乗り場に着けるらしい。
パナマが小さい国で良かった!

天使に見えた旅行代理店はこちら。
IMG_9262.jpg
Viajes Regency Travel
Plaza New York, Calle 50 & 53 Marbella
(507)269-1913
前日でも予約できました。


翌日、ツアースタート~!
6時、四駆でピックアップ。
私たちだけで行くと思ってたけど、既に4人の乗客。
チリのアタカマ→ボリビアのウユニへ抜けるツアーと同じく、一番後ろの座席は付け足して、5人乗りの車を7人乗りに改造しています。


外はまだ真っ暗。
IMG_9285.jpg


途中でスーパーに寄ると、同じ様なツアーの四駆が何台も止まってました。
お水や食料の買い出しが出来て良かった!

2時間程走ると、入島料の支払い。一人USD10
この辺りから、アップダウンが超激しいクネクネの道です。
こんな道路見たことがありません…。

その後検問所がありましたが、特にバッグの中身などを調べられることなく通過。

お次はボート使用料一人USD2を徴収。

ボート乗り場には9時、約3時間で到着しました。
P3200919.jpg


なんか汚いんですけど…。
P3200920.jpg


待てど暮らせど私たちの島行きのボートがやってきません…。
待つこと、1時間半!!
10時半、ようやく私たちの島のボートがお迎えにやって来てくれました!
ボートは猛スピードで走る為、か・な・り!濡れます!!
IMG_9288.jpg
後日わかったのですが、山道でバスが横転しそこを通った観光客が救助作業を手伝うことに。私たちと同じ島へ行くメンバーも救助活動をしていた為、船乗場への到着が遅れ、迎えのボートもそれに合わせて来たそうです。
あの道じゃ、確かに事故ってもおかしくない…。それくらいヒドい山道なんです!


こんな風に小さな島があちこちに浮かんでいます。
P3210940.jpg
大きな島には学校や病院等もあります。


30分ボートで走ると島に到着~!!
P3231126.jpg
一周5分の島。
ISLA Iguana
www.aridulodge.es.tl
(507)6965-8699


部屋の外観
P3210965.jpg
プライベートルーム6つ、共同部屋1つ。
この島にシャワー・お手洗いがついてる部屋はありません。


室内
IMG_9296.jpg
ベッドのみの質素なお部屋。
カギがついてないので南京錠を持って行った方が良いです。
ACやファンがないので、夜になるとベッドが超湿ります。。


食堂
P3210967.jpg


食事は朝・昼・夕ついてます。
IMG_9343.jpg
量が少ないので、おやつ等を持って行った方が良いかもしれません。
込み込みツアーとそうじゃないツアーがあります。
最終日のランチ代が含まれてないツアーの人がいました。ランチ代はなんと一人USD8!食事の内容を考えると超高額!!


キオスク
P3210970.jpg
ビールは1本2ドルで販売してますが、事前にスーパーで購入すると1本0.6ドル。
18本持って行きましたが足りず、10本こちらで購入することに…。
もっと持って行けば良かった~。(持ち込み可)


共同シャワー(右)&お手洗い(左)。
P3210972.jpg
全て海水。
歯磨き用や洗顔用のお水は持って行った方が良いです。
トイレットペーパーはあるので持って行く必要無し。


ジェネレーターがありますが、夜数時間のみしか電気がありません。
P3210983.jpg


食事が含まれたツアーなのか、ボート代が含まれたツアーなのか、スタッフと代理店の間で全く連携が取れてません。
予約の際は、何が含まれて何が含まれてないのか、全て代理店に詳細を書いてもらい、紙で残しておいた方が良いです!

1泊だけだと移動だけで終わるし、3泊だと真水でシャワーを浴びられないのがキツくちょっと厳しいかな。という感じなので2泊でちょうど良かった!

気になるお値段は、2泊3日一人USD242
交通費(車・ボート)、宿、食事、ボートツアーが含まれた金額です。
私たちは全て込みのツアーにしましたが、車代だけで一人50ドル、ボート代は片道一人20ドルなどと、高額なので込み込みにした方がお得だと思います。

日本語勉強中の島のスタッフに「お元気ですか?」と日本語で聞かれ、
「はい、お元気です。」と同時に答えてしまった私たち…。
こんな間違いだらけの日本語教えてごめんね…。。

スポンサーサイト
ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

自己紹介

R

Author:R
5カ国目(夫は6カ国目)の駐在生活中。

これまでの駐在先は、(アフリカ)→アジア→アジア→アフリカ→アジア→アジア。
諸事情により、駐在国名や地名や店名などは敢えて伏せてます。

万一このブログを見つけてしまった友人・知人の皆様、ご一報を!笑

趣味は旅。過去の旅日記も追加していきたいと思います。

過去記事一覧

全ての記事を表示する

カテゴリ
新着記事
カウンター
検索フォーム