キューバ夫婦旅4 ~恐るべし社会主義国の実態~

4月29日~5月1日 旅に出て225~227日目

オッラー

強烈に暑い5月のハバナ。
歩いてはビールを飲んでの繰り返し。

とある大衆酒場で絡んできたおっさん。(以下の話とは関係ありません。)
P5012722.jpg


世にも怖い本当にあった話のはじまりはじまり~。

店内に小奇麗な老夫婦がいました。
ニコニコしていてとても感じの良い二人。

ビールを1本飲み終える頃、ウェイターが私たちのテーブルに新しいビールを持ってきました。

私:「オーダーしてないよ。」

ウェイター:「あちらのお客様からです。」 老夫婦の方を指しました。

うっわー!おじいちゃん粋なことやってくれるね~!!

これさ、コロンビアのグアタペという町のサダデーナイトにもこういうことがあったよね!

ラテンな人たちはやることが違うわ~♪

「グラシアス(ありがとう)、サルー(乾杯)」 少し離れた席からビールを持ち上げ、お互い乾杯。


その後物売りがやってきたので、お菓子を購入。一つCUP1(¥4)
IMG_1122.jpg
段ボールに直に入ってますが、そんなの気にしな~い。


この物売りが仕事の合間にビールを購入し、くいっと飲み出したではありませんか!
私たちが購入したビールは1本100円。
ハッキリ言って、1つ4円のお菓子を売り歩いてる彼が気軽に手を出せる金額ではありません。

「どういうこと??」

彼が飲んでたビールは私たちのとは種類が違いました。
金額もだいぶ違うのでしょうか!?

安いと言っても物売りが気軽に手を出せる金額なのでしょうか?
ナゾは深まるばかり。。


その後も、私たち日本人が物珍しいのか、他のお客が私たちのテーブルに来ては何やら話しかけてきます。
キューバと言えば、野球。
キューバ人は、大リーグの日本人選手のことも本当によく知っていて、夫と野球話で盛り上がっています。
夫は日本国内のチームにもそれなりに興味があるのですが、大リーグや国際サッカークラブにより興味があります。

ついでに、物売りが飲んでるビールの金額を聞いてみることに。

私:「あの人(物売り)が飲んでるビールっていくら?」

おっさん:「CUP10(¥40)だよ。」

えぇ~!!40円!!!私たちが飲んでるビールの半額以下!!!
それでも、1本40円のビールは物売りの彼にとっては高額なもの。


手作り感満載の灰皿。
IMG_1134.jpg


野球話などで盛り上がってると、いつの間にかビールを奢ってくれたおじいちゃんがいなくなってました。
隣に座ってたおばあちゃんはまだいました。

私:「夫婦でも何でもなくてただ単に相席になっただけなんじゃない?ビールのお礼もしないままになっちゃったね。」

しばらくすると、おじいちゃんがニコニコ急ぎ足で大衆酒場へ戻ってきました!片手に何やら袋を提げて。
なんだ~、買い物に行ってたのか~。
戻ってきてくれて良かった、良かった。

戻って来るなり私たちのテーブルに来るおじいちゃん。

袋の中から買ったばかりの帽子を私の頭に被せてくれたのです!

お・お・おじいちゃん・・・・・・涙

見ず知らずの私にビールを奢ってくれた上、こんなプレゼントまで。。。

「ありがとう、おじいちゃん。」


普段帽子を被らない私たち。
お互い被って写真を撮って気分よく時間が過ぎていきました。

「くれたは良いけどさ、結構荷物になるよね~笑」

「確かに嵩張るよね~。」

「てゆうかさ、まさか売りつけられたりしないよね?笑」

「ははは~まさか~笑」

「でもさ、もし、もしも売りつけられたとして、いくらだったら買う?」

「う~ん、ローカルが買う分には相当安いことが分かったし、CUP50(¥200)」くらいじゃない~?」


なんて盛り上がってるところに、おじいちゃん再登場。

「おじいちゃん、本当にありがとう!」

おじいちゃんも相変わらずニコニコ、そして大満足の顔をしてます。

そんなおじいちゃんの口から出た言葉・・・

「CUC10(¥1,100)です。」

どっひゃー!!!笑笑

まさかが現実になってしまいました…笑

最初にビールを奢るのが作戦だったわけね…。

ちょうどビールを飲み終えた時だったのでお店を後にすることに。
これ以上変なことに巻き込まれたくないので、奢ってもらったビールの分はお返しして。
もちろん売りつけられた帽子は買わず…。

すると、、、

さっきまで仲良く野球話をしていた他のお客が私たちを追ってきました。

「僕にもビール奢ってくれ~。」

どっひゃっーー!!お前ら全員物乞いか!!!



またある時は、、、
夫がビールの買い出しに行きレジに並んでると後ろのおっさんが、

「ビールを奢ってよ~。」

靴も履いて、ネックレスもしてるある程度お金を持ってそうな人だったとか。



またまたある時は、、、
ビーチでお金持ちそうなローカルに声をかけられ、散々野球話で盛り上がった後、

おっさん:「タバコある?」

夫:「いや、ないよ。」(本当はある。)

おっさん:「じゃあ、コーヒー飲みに行こう!」

夫:「いや、止めとくわ。」

おっさん:「じゃあビール飲みに行こう!」

夫:「今はいいわ。」

おっさん:「じゃあ、1ペソ(110円)ちょうだい!」

夫、唖然。。。

その前に首につけてるゴールドのネックレス売ってこいっつうの!!


途上国で物乞いに色々強請られることはよくあります。
でもね、他国の物乞いは物乞いであって身なりもかなりヒドいけど、キューバの場合は身なりも良いし明らかに定職もあるような人が、何かを強請ってきます…。
お給料が少ない国なので、気持ちが分からないわけじゃないけど…。

恐るべし社会主義国…。


スポンサーサイト
ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

こっわーー(゜ロ゜;ノ)ノ
ってか、二人もそんな予測がつくほど経験してるからいいけどさ!
私なんてマジでヤバイくらいになりそうよね( ̄□ ̄;)!!

Re: タイトルなし

>Fちゃん
爺さんなかなかやり手でしょ?笑
想像してた通りになってある意味おもしろかったよ 苦笑
日本人払っちゃう人もいるのかな。。

自己紹介

R

Author:R
5カ国目(夫は6カ国目)の駐在生活中。

これまでの駐在先は、(アフリカ)→アジア→アジア→アフリカ→アジア→アジア。
諸事情により、駐在国名や地名や店名などは敢えて伏せてます。

万一このブログを見つけてしまった友人・知人の皆様、ご一報を!笑

趣味は旅。過去の旅日記も追加していきたいと思います。

過去記事一覧

全ての記事を表示する

カテゴリ
新着記事
カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる