キューバ夫婦旅12 ~奇岩の山々に囲まれた町ビニャーレスへ~

5月8日 旅に出て234日目

オッラー

キューバ野球発祥の地『マタンサス』から、『ビニャーレス』へ。
(後で知ったのですが、ビニャーレスにある渓谷は世界遺産に登録されてるそうです。)
直行便はないので首都ハバナで乗り換えが必要。


たった3日間だったけど、一緒に食事したり、話をしたり、飲んだり、楽しい時間を過ごしたカサパティクラルの家族たち。
おばあちゃんが涙ぐんていて、それを見てどっと涙が溢れ出してしまいました…。
そしておばあちゃんも号泣という負の連鎖…苦笑
IMG_1471.jpg
左から、親戚・オーナー(51歳)・妻(38歳)・おばあちゃん・おじいちゃん

ありがとー!!!


歩いてバスターミナルへ。
IMG_1478.jpg


セントロからバスターミナルは結構な距離があるので、途中で“人力車”に乗りました。
この人力車、形的に漕ぐのかなり大変そうじゃない?
IMG_1490.jpg


マタンサスのバスターミナル。
IMG_1493.jpg


“Viazul”社でまずはハバナへ。一人CUC7(¥770)
9時出発。AC有り・自由席。
IMG_1542.jpg
相変わらず国営Viazul バスのスタッフはイケてない…。


わかります?
座席が見事に壊れてます。
私の座席もシートのリクライニングが壊れ、常にシートが前後に動いてました…苦笑
IMG_1537.jpg


キューバ最長の“バクナヤグア橋” 
全長313m、地上からの高さは110m。
IMG_1513.jpg
9時半、まさかの20分の休憩…。
いくらバラデロからのバスだからっていらないでしょ。。バラデロからハバナまで4時間しかかからないのに…。

ハバナのViazulのバスターミナルはセントロから30分程距離があります。
セントロ周辺を通った時、セントロで降りたい人は降ろしてもらうことが可能でした。

11時、予定通り1時間で到着。
スタッフはイケてませんが、バスの時間はしっかりしてますキューバ。


ビニャーレス行きのバスの時間は、14時…。一人CUC12(¥1,320)
3時間待ちかあ…。

表にたくさんタクシーが停車してたので交渉へ行くと、1人でCUC15(¥1,650)で行ってくれることになりました。
キューバでは一台いくらではなく、タクシーでも一人いくらという計算になります。

11時15分、ハバナを出発。
13時45分、2時間半でビニャーレスに到着。

カサパティクラルは、“Villa Osviel”朝食付き一泊CUC20(¥2,200)AC・扇風機・ホットシャワー・WiF不i可
IMG_1552.jpg
Calle Orlando Nodarse No. 33-A Vinales
(53)(048)69-5387

夫婦共に私たちと同じ年。10歳の双子の男の子がいるおうち。
お母さんは乳癌で寝たきり自宅闘病中。私と同じ年齢なんだよ…。


共有スペース
P1012967.jpg
2部屋をゲスト用にし、いつも満室状態のやり手。
表の建物は、ゲスト用の部屋とリビング、ダイニングとキッチン。
家族は裏にある木造の古びた家に住んでいます。


外観
P1012970.jpg
ハバナの旧市街はどうしても古い建物になってしまうけど、地方は新しくキレイな物件が多いです。
ビニャーレスには700ものカーサパティクラルがあるそうです。
このお宅は、現在トリップアドバイザーで20位くらいだそう。


屋上から。
P1013121.jpg


ビニャーレスにカサパティクラルが700もあるわけだ。
この通りなんて、建物全てがカサパティクラルでした 驚
P1012974.jpg

スポンサーサイト
ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

自己紹介

R

Author:R
5カ国目(夫は6カ国目)の駐在生活中。

これまでの駐在先は、(アフリカ)→アジア→アジア→アフリカ→アジア→アジア。
諸事情により、駐在国名や地名や店名などは敢えて伏せてます。

万一このブログを見つけてしまった友人・知人の皆様、ご一報を!笑

趣味は旅。過去の旅日記も追加していきたいと思います。

過去記事一覧

全ての記事を表示する

カテゴリ
新着記事
カウンター
検索フォーム