料理研究家のお料理教室3

帰郷中のウーウェン先生のお料理教室3回目。

この日の参加者は50名弱。
受講料一人9,000円。

お題は、「飲茶」。

まずは先生のお手本。
シュウマイと餃子の皮の実習です。
じゃ~~~ん、こちらがウーウェン先生です。
IMG_6548.jpg


先生はあっという間に、3種類の点心を作り上げた!
IMG_6610.jpg


実習。
1回目のクラスでシュウマイの皮を作った時はこんなにうまく出来なかったのに!
IMG_6620.jpg


手前4つが友人と私作で、先生にお褒めの言葉をいただきました。
先生に言わせると、日本のシュウマイはシュウマイとは言えないんだそうな。
シュウマイは、上部のひらひらが大事なんだそう。
他の方のはひらひらが無いでしょ?
同グループでは私たちだけ前回のシュウマイのクラスに参加してたので、コツを掴めたのかな?
IMG_6616.jpg


メニューは、
白いんげんの菊花茶煮
IMG_6632_2015062811461736f.jpg


パプリカ2色の花椒風味マリネ
IMG_6633.jpg


豚スペアリブの豆鼓蒸し
IMG_6624_20150628101043459.jpg


エビ餃子
ウーロン茶風味のもち米焼売
翡翠の干し貝柱焼売
IMG_6636_201506281010492d2.jpg


金華ハムのコーンスープ
IMG_6631.jpg


緑豆のココナッツ風味しるこ
IMG_6627.jpg


先生は、
その国、その風土に昔からある伝統食を食べることが一番なんです。
カレーの国の方が辛い物を食べるのにも理由があります。
辛い食べ物は発汗作用により体温を下げたり、食欲増進効果や防腐効果があります。」
この類のお話を毎回なさってました。


実習中、先生が回ってきた時に、
「私、以前カレーの国に駐在してたんだけど、スパイスを取り入れると蚊に刺されにくくなるんだよ。
だから彼らはあまり刺されないんだよ。
蚊によって媒介される病気が多いもんね。」
なんて気楽に話したら、、、


最後のまとめのお話の時に、「先程、カレーの国に駐在されてるという方からこの様な話を聞きました。
やはり、その国、その風土の食事をすることは理に適ってるんです!!」
と熱弁されてました。。。


本の販売がありました。
定価より上乗せされた金額だったけど、輸送費考えたらアリだよね。
IMG_6512.jpg


すんごい迷って、こちらの4冊を購入。
お米を食べない国はあっても、粉を食べない国はない!
IMG_6713.jpg


サイン入り!
IMG_6733.jpg


実習が少なく、誰もが文句言ってる感じでしたが(笑)、
私が愛用してるレシピサイトの講師に実際お会いすることができたし、
食のお話を色々聞けたし、
日本人とのステキな出会いがあったし、

最終的には、高いお金払った分だけの、それ以上の価値があったかな。(1回目はどうなることか思いましたが 笑)
東京には400人近くの生徒、ファンも多く、この日もシャソハイや日本からいらしゃってました。。

とにかく、せっかくココに住んでるので、
この国のお料理を作れる様になって、これから駐在する国々でおもてなし料理にできるくらいにしたいなと思います。
(どんな僻地首都に駐在しても、絶対にこの国のレストランってあるので、そんなに喜ばれないかもしれないけど 笑)

毎年6月と11月にペキソで5日間の集中講座をして下さるのですが、また参加したいかもー。

スポンサーサイト
ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 海外情報
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

自己紹介

R

Author:R
5カ国目(夫は6カ国目)の駐在生活中。

これまでの駐在先は、(アフリカ)→アジア→アジア→アフリカ→アジア→アジア。
諸事情により、駐在国名や地名や店名などは敢えて伏せてます。

万一このブログを見つけてしまった友人・知人の皆様、ご一報を!笑

趣味は旅。過去の旅日記も追加していきたいと思います。

過去記事一覧

全ての記事を表示する

カテゴリ
新着記事
カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる