内モンゴルでボランティア1 ~戦後70周年~

日本語を勉強してる高校生と日本人が触れ合うイベントが内モンゴルで開催。
日本食作りのボランティアを募集してたので、参加してきました~。

中国には日本語を学ぶ方が常時100万人います!
過去に。ではなく、常時ですよ常時!驚
すごい人数じゃないですか??
世界最高数だそうです。


内モンゴルとは
内モンゴルは、中国が1947年にモンゴルの南部に設置した省級の自治体。
中国領土の北沿に位置する自治区。
面積は、なんと!日本の約3倍!


民族
中国建国以来60年間にわたる漢民族移入によって漢民族が人口の80%以上を占め、
その他モンゴル族・ダウール族・エヴェンキ族・オロチョン族・回族・満洲民族・朝鮮族などが居住。


言語
中国語とモンゴル語が公用語。
モンゴルで使用されるモンゴル語と、内モンゴル自治区で使用されるモンゴル語には違いあり。


前日、くっきりハッキリ虹が!
P8098034.jpg


学校の食堂のおばちゃんたちに、日本食の下ごしらえをお手伝いしていただきました。
IMG_7611.jpg


当日。
日本食作り体験。
P8108120.jpg


おにぎり作りは大人気でした。
なかなかの出来栄え◎
P8108138.jpg


メニューは、お味噌汁、唐揚げ、肉じゃが、タコウィンナー、おにぎり、お団子。
タコウィンナー、おにぎり、お団子は生徒が作りました。
P8108180.jpg


柔道。
P8108237.jpg


けん玉。
P8108241.jpg


折り紙。
P8108272.jpg


茶道。
P8108242.jpg


着付け。
P8108244.jpg


P8108286.jpg


コスプレ。
コスプレコーナーが大人気!
色んな衣装がありましたが、制服はさ、実際高校生だからコスプレになってなくない?笑
P8108263.jpg


かるた。
P8108249.jpg


スイカ割り。
P8108349.jpg


夜は内モンゴルのダンスや歌などを披露していただきました。
P8108392.jpg


P8108407.jpg


P8108415.jpg


翌日。
日本のアニメや漫画紹介。
P81185281.jpg


アフレコ体験。
(アニメのセリフを映像に合わせて読み上げる。)
P8118583.jpg
高校生ですが、日本の小中学生に見えるくらい、純粋無垢な生徒たち。
すれてる子なんて一人もいなく、本当にかわいい生徒たちでした。


食堂のおばちゃんたちは全員モンゴル族。
左上の方がリーダー。
リーダー自らが働き者で、それを見てみんなも働く!
さすが中国!!
P8108502.jpg



生徒は日本や日本の文化が大好き。
学校で日本語の授業を選択する前から、アニメや漫画で独学するような生徒も多数います。

内モンゴルの方で、以前日本に留学してた方がボランティアに来て下さってました。
思いっきり無給なのに、彼は誰よりも働いてました。

私:「なんでそんなに働いてくれるの?」

彼:「私は日本に4年間留学してました。その時日本人にとてもお世話になり、親切にしていただきました。だから私は日本人に恩返しがしたいんです。」

この話を聞いた時、鳥肌が立ちました。


日本で報道される中国は、ネガティブなことだらけ。(世界的に見たら、中国なんて、中国人なんて、本当に素晴らしいのに!!)

でも実際は、良い人も、良いこともたくさんあります。
中国に駐在して、実際中国人と接することができて本当に良かった。

15.08.2015(戦後70年)

スポンサーサイト
ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

No title

そうなんだよねぇ~
中国に対する報道って、日本では過剰過ぎって思うわ。
実際住んだら、全然違うのに・・・・
まぁ、中国のニュース見てると、とんでもないことが起こったりするけど(笑)

Re: No title

>みゆきんぐ
メディアの影響ってすごいよね。

そのとんでもないこともさ、私が今まで住んでた様な国では日常で…
そして、そんな国・人の方が世界にはたくさんあるんだよね…。

空気や農薬も、中国は数値が出るだけマシ。
他国は数値すら測ってない(測れない)状況だもんね…。
自己紹介

R

Author:R
5カ国目(夫は6カ国目)の駐在生活中。

これまでの駐在先は、(アフリカ)→アジア→アジア→アフリカ→アジア→アジア。
諸事情により、駐在国名や地名や店名などは敢えて伏せてます。

万一このブログを見つけてしまった友人・知人の皆様、ご一報を!笑

趣味は旅。過去の旅日記も追加していきたいと思います。

過去記事一覧

全ての記事を表示する

カテゴリ
新着記事
カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる