ドイツ夫婦旅3 ~おとぎの国ローテンブルクへ~

9月23日 13日目

グーテンターク

朝バルコニーに出ると、虹が!
P9230382.jpg


そのうち二重虹になった~!
P9230381.jpg


ライン川沿いの街『ボッパルト』から、おとぎの国『ローテンブルク』へ。
ボッパルド→マインツ(列車で1時間)
マインツ11:40→フランクフルト(列車で30分)
フランクフルト→ヴェルツブルク(列車で1時間)
ヴェルツブルク→シュタイナッハローテンブルク(列車で40分)
シュタイナッハローテンブルク→ローテンブルク(列車で15分)
直行便が無いので何度か乗り換えが必要。


ボッパルド駅。
在ドイツ日本人学校の修学旅行生20人弱と、引率の40代男性一人。
駅の入り口のめちゃくちゃ邪魔になる場所で待機…。
P9230384.jpg
その後、ホームでは階段を登り切ったところで立ち止まり、列車が来るのを大人数で待つ…。
教師ってそういうの生徒に教える立場じゃないの!??
大人数なんだし邪魔にならない所に移動しなよ…。
空気読めないというか、他人のことを考えられない人が教師って…。

日本でもこういう人たまにいるよね。。
邪魔になる通路で話し込む人や、お店の出入り口や、電車やエレベーターを降りてすぐの所に立ち止まる人とか。


オランダやベルギーでは無かった車内放送。
ドイツは到着駅の前にドイツ語と英語で車内放送をしてくれます。
出発のアナウンスは相変わらずありませんが。
海外の駅を知ると、日本の駅ってやかましいって思うけど、すごく親切だよね。

そして、オランダもベルギーもルクセンブルクもドイツの駅も到着地の駅名しか標記してない。
前後の駅名を標記してないから、ややこしいんだっ!

更に更に、国際線やローカル線など様々な列車がホームに入ってくるためか、どこの駅もホーム足元に乗車位置が書かれてません。
だから、並んで待つということができないし、待ってる目の前に列車が止まるとは限らないので、列車が止まったところまで走って行かなきゃいけないことも。。。


フランクフルトは2013年9月17日、南米へ行く時にトランジットでちょこっと寄りました。
後6日早かったら、同日だったのにー。残念!
P9230397.jpg


前回、駅構内で購入したソーセージ。
今回も全く同じところで購入してみました。
P9230403.jpg
ソーセージって、パリっと、プリっとかぶりつきたくない?
最初にカットされてしまうのがなんだかな~。
で、ケチャップとマスタードを大量にぶっかけ過ぎ…。
で、マスタードはやっぱり粒入りじゃなきゃ!
ソースを除けて食べるのに苦労したー。


ローテンブルクに近づく頃には、車内は日本人だらけになりました…苦笑
日本人に大人気の観光地らしい。


ローテンブルクのホテルは“Hotel Goldenes Lamm”
P9230410.jpg
朝食込一泊€86.5(¥11,851)部屋でのWiFi可。
マルクト広場の“市議宴会館”の真横という最高の立地。
バスルームが狭く、朝食があまり美味しくないのが残念だけど、立地が良いので全然アリ!


ローテンブルクも曇り空。。。

散策してみるも、写真を撮る気にもなれず…。

夕方には雨が降ってきちゃったよ。。。


ローテンブルク駅前にあるスーパー。
P9240632.jpg


お野菜をほぼ食べない生活が続き、お通じが非常に悪い…。
牛乳を飲もうとひらめいたのに、まさかのヨーグルトだった…苦笑
P9250642.jpg
同時にペットボトルのお水を購入したら、ペットボトルのデポジットがレシートに書かれてる!€0.25(¥34)
ペットボトルを返却したら、デポジットが戻ってくるみたい。


夕食は、ガイドブックに載ってるレストランへ行ったら、日本人まみれだった…汗
コールルーラーデ(ロールキャベツ)€9.2(¥1,260)
P9240425.jpg
日本のロールキャベツに勝る味ではないって安易に想像つくのに、ロールキャベツ好きの夫がオーダー。
案の定、イマイチ。


シュヴァイネブラーテン(ポーク煮込み)€11.5(¥1,576)
P9240419.jpg
じっくり煮込まれたお肉が柔らか~い!
付け合わせのクネーデル(ポテト)がめちゃくちゃ美味!
モチモチしてて弾力があってニョッキみたいなの。
ポテトをマッシュし、小麦粉や塩胡椒を加え、丸めて、茹でたもの。
お肉料理の付け合わせの定番なんだとか。


ローテンブルクの夜の街並み。
P9240433.jpg


P9240449.jpg


P9240438.jpg


マルクト広場。
P9240441.jpg


中世には町の平和を守る夜警がいたそうです。
現在は観光客相手に、夜の街を案内してくれるツアーに。
たまたま集合時間に前を通りかかりました。
「集合時間の時点ではこれだけの人数が集まってますが、所要1時間の内にみんなそれぞれ消えてゆき、最後には2.3人になるんだよ。」
ガイドがギャグを言うと、お客たちが大爆笑。
欧米人のギャグはよくわかりません…。
P9240450.jpg
寒いのがキライなので、私たちは迷わずホテルへ直帰。

スポンサーサイト
ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

自己紹介

R

Author:R
5カ国目(夫は6カ国目)の駐在生活中。

これまでの駐在先は、(アフリカ)→アジア→アジア→アフリカ→アジア→アジア。
諸事情により、駐在国名や地名や店名などは敢えて伏せてます。

万一このブログを見つけてしまった友人・知人の皆様、ご一報を!笑

趣味は旅。過去の旅日記も追加していきたいと思います。

過去記事一覧

全ての記事を表示する

カテゴリ
新着記事
カウンター
検索フォーム