FC2ブログ

ソロモン夫婦旅7 ~ソロモンの食事情~

9月5日(木)~12(木) 1~8日目

アピヌン!

ソロモン料理の特徴は、お芋!ココナッツ!お魚!

国土が広く土壌が豊かなのでお野菜も豊富。

しかし……イギリスの植民地だった+貧困国なのでお料理のレパートリーが乏しく、食文化が発展していません。

首都でさえ、外国人が利用するようなレストランの選択肢は多くはありません。

また、他のオセアニア諸国と同じく、ローカルレストランはほぼありません。


9月5日(木) 夕食@ホニアラ【Taj Mahal】

念願のカレー!
なんと、駐在国の在ニュージーランド大使一家が。
狭っ!
休暇に来てまでご挨拶。。。

ラムカレーSBD120(¥1,560) ビーフカレーSBD120(¥1,560) ほうれん草カレーSBD100(¥1,300) ライスSBD30(¥390)
プリSBD30(¥390)
IMG_8194e.jpg
コロナSBD40(¥520)×6
お会計SBD640(¥8,320)

1品の量がめちゃくちゃ多いよー。
お持ち帰り用の使い捨てタッパが準備されていました。
お持ち帰りして、翌日のランチにいただきました。


9月6日(金) 朝食@ギゾ【市場】

フィッシュ&チップスSBD10(¥130)
ネギが良い仕事をしていました。
IMG_8245_20191128130532848.jpg


Mangrove fruit SBD5(¥65)
マングローブの実とココナッツミルクを蒸したもの。
たまに魚入りもあるそうです。 
IMG_8246.jpg


9月6日(金) 夕食@ギゾ【Fatboys Resort Hotel】

フライドチキンSBD170(¥2,210)
IMG_8271_20191128130522a6a.jpg


ロブスターSBD240(¥3,120) 
甘いタレでかなり残念。。
IMG_8275_20191128130523451.jpg


チョコアイスSBD30(¥390) 
手作りじゃなくて市販のチョコアイスだった。。
二度とオーダーしませんでした 笑
IMG_8280_20191128130525d8d.jpg
ビールSBD30(¥390)×6
お会計SBD620(¥8,060)


9月7日(土)~10(火) 朝食@ギゾ【Fatboys Resort Hotel】

朝食込みのプランが無いリゾートホテル 笑
朝食メニューは、、、
・コーヒーSBD35(¥455)
・スムージーSBD35(¥455)
・バナナパンケーキSBD80(¥1,040)
・トーストと紅茶orコーヒーSBD40(¥520)
・トーストとスクランブルエッグorポーチドエッグor目玉焼きSBD70(¥910)
・トーストとオムレツとフルーツSBD100(¥1,300)
・コーンフレークスとトーストとフルーツと紅茶orコーヒーSBD100(¥1,300)
・魚料理と野菜炒めSBD140(¥1,820)

夫は毎日、トーストとオムレツとフルーツSBD100(¥1,300) 
スムージーSBD35(¥455)
IMG_8429.jpg


私は毎日、バナナパンケーキSBD80(¥1,040) 
バナナ入りパンケーキはもっちもち!    
IMG_8366.jpg


9月7日(土) ランチ@ギゾ【Sunbis Resort Hotel】

お隣のリゾートホテルのピッツアが美味しいという情報を入手。

ベースピッツァSBD60(¥780)にトッピングしていく形。
トッピングは、にんにくSBD5(¥65) ハラペーニョSBD10(¥130) マッシュルームSBD20(¥260) スパイシーチキンSBD30(¥390) ペパロニSBD30(¥390)    
トータルSBD155(¥2,015)    
SBアルコール度数5.7% SoloBrew5% CANOE茶5% CANOE青4%
IMG_8305.jpg
ビール1本SBD30(¥390)


ベースピッツァSBD60(¥780)    
トッピングは、ハラペーニョSBD10(¥130) ペパロニSBD30×2(¥780) チーズSBD25(¥352)    
トータルSBD155(¥2,015)
IMG_8346_2019112813052821d.jpg


9月7日(土) 夕食@ギゾ【Fatboys Resort Hotel】

Sunbis Resort Hotelでピッツアをお持ち帰り。
ベースピッツァSBD60(¥780)    
トッピングは、ハラペーニョSBD10(¥130)、ペパロニSBD30(¥390)、箱代SBD10(¥130)    
トータルSBD110(¥1,430)


9月8日(日) ランチ@ギゾ【Fatboys Resort Hotel】

イカフライSBD130(¥1,690) 
IMG_8375_20191128130647402.jpg


ロブスターSBD180(¥2,340)
初日に甘いタレで失敗したので、塩胡椒味をリクエスト。
シンプルが一番!
IMG_8383_2019112813064921d.jpg
ビールSBD30(¥390)×3
お会計SBD400(¥5,200)


9月8日(日) 夕食@ギゾ【Fatboys Resort Hotel】

ランチを食べ過ぎたので夕食はシェア。
フライドチキンSBD180(¥2,340) 
IMG_8413_20191128130650f89.jpg
ビールSBD30(¥390)×3
お会計SBD300(¥3,900)


9月9日(月) 朝食@ギゾ【市場】

リゾート滞在のイけてないところ、ローカル食が食べられない!

ボートでギゾ島の市場へ連れて行って頂きました。

ライスボールSBD2(¥26)×3
ツナ、コンビーフ、ミンチなどの具材を入れた家庭料理。
こちらは小麦粉でコーティングした唐揚げバージョン。
天ぷらバージョンもありました。
IMG_2348_20191208112741cfc.jpg


ソロモンの国民食、キャッサバプディングSBD5(¥65)
キャッサバとココナッツミルクを混ぜて焼いたもの。
もちもちを通り越して硬かったー。
IMG_8483.jpg


木の実ナリナッツSBD5(¥65)
バヌアツの離島で船長が剥いてくれた木の実!
IMG_8479_20191128130644c38.jpg


海ブドウSBD5(¥65)
同じ島国なのに、駐在国とソロモンでここまで採れるモノが違うとは!
P1015920.jpg


初めて目にするフルーツ、ポテーラ(現地語)。
2つでSBD12(¥156)にマケていただきました。
IMG_8455.jpg


ホテルのキッチンでカットしてスタッフと一緒にいただきました。
IMG_8584_2019112813083431f.jpg


ブドウの様な食感でとても甘いフルーツ。
IMG_8590_20191128130836bdb.jpg
ポテーラ以外に、パパイヤとポテチをお土産に。    
スタッフは大喜びで特にポテチにはめっちゃくちゃ食いついていた!笑


ツナ缶を大人買い。
理由は後ほど。
IMG_8493_20191128130828dd8.jpg
1段目:SBD8(¥104)
2段目:SBD6.8(¥88.4)
3段目:SBD6.5(¥84.5)
4段目:SBD4.5(¥58.5)


9月9日(月) ランチ@ギゾ【Fatboys Resort Hotel】

1970年代前半、ソロモン政府と日本の大洋漁業が共同で作った水産加工会社「ソロモンタイヨウ」。

ソロモン人はツナ缶のことを「タイヨウ」と呼びます。

Fatboys Resort Hotelの向かいに位置する、コロンバンガラ島(Kolombangara Island)でツナ缶を作っています。


市場で購入した海ブドウ。
海ブドウとツナ缶を和えて食べるのがソロモン流。
ソロモンスタイルで海ブドウを食べてみる為に、ツナ缶を大人買いしました。

まずは、ローカルめっちゃお勧めのチリツナ(1段目のツナ缶)でトライ。
真ん中の赤い物体はツナ缶の中に入っていました。
何か分かんなかったけど、何かの実??
ビールのお供に最高っ!
IMG_8513_20191128130831637.jpg


9月9日(月) 夕食@【Fatboys Resort Hotel】

夫が体調不良により、一人で夕食を。

ココンダSBD90(¥1,170)
ココンダとは、オセアニア名物生魚のココナッツクリーム和え。
ドリンクは、ARROW(ウォッカとライム)アルコール度数5.9%。
めっちゃ甘かったーΣ( ̄ロ ̄lll)
IMG_8563_20191128130833bda.jpg


9月10日(火) 夕食@ホニアラ【Taj Mahal】

お腹ペコペコ状態で夕食を食べたかったのでランチ抜き。

カレーの為に!

ソロモン到着日に訪れたカレー店。

ウェイトレスにコックの国籍を聞くと、まさかのスリランカ人ー!
キッチンへ行ったらスリランカの言葉喋ってるー! 笑

でも、彼の話をよくよく聞いたら、スリランカに長年住んでいたインド人でした。
ソロモン人からしたら、インド人もスリランカ人も一緒だよね 笑

で、夫も私も大好物のスリランカの茄子カレーを特別に作って頂きましたー!

ラムカレーSBD120(¥1,560) ビーフカレーSBD120(¥1,560) ライスSBD30(¥390) ガーリックパラタSBD25(¥325) 
IMG_8653_20191128130837ff2.jpg


茄子カレーSBD75(¥975)
あ~懐かしい味がするー!
IMG_8668.jpg
ビールSBD40(¥520)×7
お会計SBD655(¥8,515)


9月11日(月) 朝食@ホニアラ【King Solomon Hotel】

朝食は、お隣のBamboo Bar Caféでいただきます。
種類豊富でそれなりに美味!
飲み物は、牛乳以外に低脂肪牛乳や豆乳それからフレッシュココナッツまで!
食パンは3種類、ホットミールやフルーツも日替わり◎

昨夜のカレーの残りも朝食と一緒にいただきました。


9月11日(月) おやつ@ホニアラ

FANTA Creamy Flavour SBD8(¥104)
日本にはない?ので試しに買ってみました。
クリームソーダ味のファンタでした。
IMG_2350.jpg


9月11日(月) 夕食@ホニアラ【Coral Sea Resort】

朝食を食べ過ぎたのでランチは抜き。

ソロモン最後の晩餐はステーキ!

Coral Sea Resort & Casino Hotelのステーキが美味しいとのこと。

Rump400g SBD280(¥3,640)
IMG_8853.jpg


Rib Fillet300g SBD300(¥3,900)
IMG_8859_2019112813093773c.jpg
ビール1本SBD35(¥455)
お会計SBD720(¥9,360)

運ばれた瞬間、失敗したのがわかったよ。。
お肉の質も焼き具合もソースも最悪。。 
レアでオーダーしてもレアじゃないし、お肉は硬いし筋があるし、ソースは薬品の味。。

コックの国籍を聞いたら、やっぱり!
オージーでした。。
オーストラリアで食べたステーキもだけど、何でソースが薬品の味がするの??


9月12日(火) 朝食@ホニアラ【Coral Sea Resort】

夫は一足先に駐在国へ戻るので、残りの食事回数はほんのわずか。
食べたいものを食べとかなきゃね!

駐在国ではまともなハンバーガーが食べられません。
ハンバーガーを食べておきたい夫。



私はホテルのブッフェを食べ、その後2人でCoral Sea Resort & Casino Hotelへ。
昨夜、朝食でハンバーガーを作ってもらえるか確認をすると作れるとのことでした。
しかし、実際行ってみると、作れないって!怒    

仕方ないので、ブレックファストプレートをオーダー。
オムレツSBD70(¥910)+ベーコンSBD10(¥130)+ソーセージSBD15(¥195)+ステーキSBD80(¥1,040)+ハッシュブラウンSBD15(¥195)
トータルSBD190(¥2,470)
朝からステーキを食べる40オーバーの人。。 
一切れだけステーキを食べたけど、案の定めーっちゃ硬かった。。
IMG_8891.jpg
ビールSBD35(¥455)×2
お会計SBD260(¥3,380)


9月12日(火) ランチ@ホニアラ【空港】

ホニアラのマレーシアンチャイニーズのパン屋で事前調達。
粽SBD30(390) シュウマイSBD10(¥130) 胡麻団子SBD10(¥130)
IMG_8973_20191128130935fd6.jpg

ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

ソロモン夫婦旅6 ~はしご酒 in ホニアラ~

9月10日(火)~12(木) 6~8日目

アピヌン!

1990年代、日本の援助で建てられたホニアラ中央市場。
P1016187.jpg


大繁盛~。
P1016188.jpg


お客より、スタッフの方が多そうだけど 笑
P1016194.jpg


お魚コーナー。
牡蠣もありましたー!
P1016204.jpg


ココナッツもたっぷり。
P1016209.jpg


マーケットのローカルフードは、ギゾ島と同額。
P1016195.jpg


マーケット前に地下道がありました。
P1016183.jpg


地下には特に何もなく、ただ向こう側に渡る為だけの地下道。
P1016181.jpg


伝説の守り神、巨大ヌズヌズ(Nuz Nuz)。
P1016179.jpg


バスターミナルに入ろうとする何台ものローカルバス。
車間距離 笑
P1016185.jpg


ソロモンのバスは、バヌアツや駐在国と同じく、ヴァン。
1区間1人SBD3(¥39)
市場が終点なので、市場を挟んで移動する場合は乗り継ぎが必要。
2人ならむしろタクシーの方がお得。
P1016211.jpg


クラフトマーケット(Craft Market)。
P1016136.jpg


この狭いスペースでお家賃は一月SBD1,000(¥13,000)なんだそう。
P1016146.jpg


商品のクオリティがなかなか高い!
P1016156.jpg


青空彫り師。
P1016244.jpg


Craft Marketの隣に、アートギャラリー(Art Gallery)。
P1016155.jpg


日中のメインストリートの様子。
P1016159.jpg
バイクやチャリは一台も見かけませんでした。
禁止はされていないみたいなんだけど、車か徒歩移動が主流。


ラウンドアバウト(環状交差点)。
ソロモンに信号はありません。
P1016173.jpg


丘の上に建つ国会議事堂。
P1016164.jpg


日本大使館はビルの中。
P1016165.jpg


Burger Kingじゃないよ、Barbecue Kingだよっ!
P1016172.jpg


ローカル学校。
学校もウォータータンクを利用。
P1016221.jpg


前回ソロモンに来た時も感じたけど、ソロモンは制服がかわいい!
P1016219.jpg


たまにかわいくない制服も。。
P1016243.jpg


中国人経営の修理屋。
ホンダ・ヒュンダイ・いすゞ・トヨタ・日産・三菱
手書き 笑
P1016218.jpg


ショッピングモールがいくつもあることに驚きました。
こちらのモール名は、HYUNDAI。
空港近くにコリアンレストランもあったし、在住韓国人もそれなりにいるみたい。
P1016176.jpg


ほとんどのモールのテナントは空きが多く、イケてるお店は無い。。
P1016177.jpg


ソロモンにもインド人や中国人の移民がたくさんいます。
商店の多くは中国人経営。
こちらの建物は全店中国人経営。
P1016235.jpg
他のオセアニア諸国と同じく、モルモン教の布教活動をしている米人の若者が大勢いました。
駐在国にもたくさんいるんだけど、ネクタイ&シャツ&スラックス姿、必ず2人組で行動している若者なのでめちゃくちゃ目立つ。


こちらのパン屋のオーナーはマレーシアンチャイニーズ。
マレーシア人の移民も多いそうです。
P1016239.jpg


イートインコーナーもありました。
IMG_8800.jpg


チャイナタウンへ行ってみるけど、ローカルエリアと特に変わらず。
P1016215.jpg


アジア系の生徒は見かけなかったけど、壁に漢字をが書いた学校がありました。
P1016222.jpg


チャイニーズレストランで休憩。
しかし、まさかのビールがない~><
P1016214.jpg


結局、チャイナタウンから一番近くのPacific Casino Hotelへ 笑
また来ることになるとは 笑
ホテル2階のレストラン。
IMG_5971_20191007212724bea.jpg


3か月前もここで数時間過ごしたねー。
IMG_5969_20191007212723080.jpg


ホテル内でビートルナッツは禁止 笑
ビートルナッツとは、石灰と葉っぱなどを口に入れ、クチャクチャ噛むと気分が良くなる噛みタバコ。
口の中に残ったカスや真っ赤に染まった唾液をぺぺっと地面に吐き出します。
P1016230.jpg


ホテルでハシゴ酒~。
日本人スタッフ常駐のSolomon Kitano Mendana Hotel。
P1016162.jpg


海沿いに建つキタノホテル。
P1016163.jpg


ホニアラいち新しくラグジュアリーな、Coral Sea Resort & Casino Hotel。
オーナーはオーストラリア人。
P1016251.jpg
ソロモン警察官の制服を着用した白人が何名かやってきました。
ソロモン人警察官のトレーニングをする為に、オーストラリア人警察官が駐在。


ロビーでたまたまダンスショーがありました。
P1016276.jpg
カジノは朝11時から深夜2時まで。
ルーレットのチップはマシンが色別に枚数をカウント。
もはやカジノのスタッフまでマシンになる日がやってくるのか?


インド人経営のHeritage Park Hotel。
P1016285.jpg


ホテル内のブッフェがめちゃくちゃ賑わっていました。
P1016278.jpg


ソロモンビールと言えば、、、
軽くて飲みやすいSolBrew!(アルコール度数5%)
なんとSolBrewのオーナーは日本人!驚
昔、商社マンとしてソロモンに駐在し、それからソロモンが気に入って、ソロモンに住み続け国籍も取得して、現地女性と結婚。
2001年から2005年までソロモンの国会議員まで務めていらした大物!
IMG_8868.jpg

ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

ソロモン夫婦旅5 ~ホニアラの食材事情~

9月10日(火) 6日目

アピヌン!

4泊したFatboys Resort Hotelとお別れの日。

夕方のフライトを予約していたけど、とにかく早い便に変更リクエスト!

だってね、サイクロンがやってきているのー(;'∀')

道理でずーーーっとお天気が悪かったはずだわ。。

離島行きツアーもいくつかあったけど、お天気が悪かったので参加せず 涙

ここまでお天気に恵まれなかった&ツアーに参加しなかったリゾートは過去にないんじゃない?

カラっカラに乾いた状態で持って来ていた洋服まで、湿気でしめっしめになりました。

晴れていたら、絶対に絶対にキレイだったから残念だよ( ノД`)


15時55分発のフライトを14時発に変更して頂けました。
マネージャーのインド系フィジー人が空港までわざわざ送ってくれることに。

空港到着後、14時発のフライトも1時間遅れに。。
ソロモンの国内線は遅れることが日常みたい。
当初予約していた夕方便は更に遅れたらしく、早い便に変更して頂けて本当に良かったよ。。
ホテルのマネージャーはずっと一緒に待ってくれていました。
P1016054.jpg


Solomon Airlines片道1人24,540円
ギゾ15:00-ホニアラ16:30
パイロットは私服 笑
P1016056.jpg


エメラルドグリーンの世界が眼下に。
P1015865e.jpg


プチリゾートが点在。
P1015871e.jpg


絵に描いた様な曲線美。
P1015874e.jpg


こちらが4泊したムバンガンバ島。
P1015875e.jpg


こちらはリゾートではなく別荘。
持ち主は中国人。
P1016066e.jpg


ホニアラ空港で4日前のドライバーを発見。
またまた彼にホテルまで送って頂きました。
空港→ホテルSBD100(¥1,300)

ホニアラのホテルは、King Solomon Hotel。
P1016135.jpg


レセプション。
P1016131.jpg


スタンダードデラックス朝食付き1泊SBD980(¥12,740)
P1016109.jpg
ペットボトル水のサービスは無し。
お部屋は広くて清潔で快適。
室内に電子レンジはあるのに、ドライヤーはありませんでした 笑
レセプションでドライヤーをリクエストすると「全て貸し出し中で無い。」とのこと。。


プール。
P1016130.jpg


ジム。
P1016245.jpg


丘の上に建つホテル。
上階はソロモンで働く長期滞在の欧米人の住居に。
P1016124.jpg


移動はアセンソール。
P1016126.jpg
朝食は、お隣のBamboo Bar Caféでいただきます。
種類豊富でそれなりに美味!
飲み物は、牛乳以外に低脂肪牛乳や豆乳それからフレッシュココナッツまで!
食パンは3種類、ホットミールやフルーツも日替わり◎


首都ホニアラでスーパー巡り。

モノが極端にない暮らしをしていると、たくさんのモノを見るだけで心が癒されます。

夫は目的も無くスーパーで過ごすことが大大大嫌い(典型的な男)。

そんな夫ですら今は、スーパーでほんの少しテンションが上がっています。

私は、スーパーで一晩過ごしたいくらいの勢い。


Wing's Supermarket。
店内に電気が点いているだけで感動!
キッコーマンは色んなサイズがあるし、チーズや紅茶の品揃えもすごいんですけどー!
キッコーマン、左から150ml SBD33(¥429) 591ml SBD61(¥793) 1L SBD84(¥1,092) 600ml SBD63(¥819)
page3_201911300450371c4.jpg


ツナ缶コーナーが設けられる程、ソロモン人が愛してやまない国民食ツナ!
180g SBD6~16(¥78~208)
IMG_8641.jpg


量り売りの粉類やスパイス。
インド系や華僑が多い国はバリエーション豊か。
IMG_8748_20191128153713b16.jpg


キュウリ1本SBD4(¥52) 茄子1袋SBD6.5(¥84.5)
何これっ!!めっちゃくちゃ安いんですけどー!
ちなみに駐在国は、同じようなサイズや量でキュウリ1本400円、茄子1袋500円。
page2_2019113004503613b.jpg


店内には入れない、対面式リカーショップ。
P1016171.jpg


Nambawan Meat Co.
こんなショボい外観なのに、、、
P1016166.jpg


中は別世界!
この明るさ!品揃えの良さ!見やすさ!清潔さ!
IMG_8740_20191130044957edc.jpg


中華食材も豊富!
海外在住者は中華食材に本当に助けられるよね。
IMG_8716_20191130044954eea.jpg


お肉の部位の選択肢がたっっくさん!
P1016168.jpg


ミンチー!380g SBD22(¥286)安っ!
オーガニックネギー!250g SBD15(¥195)安っ!
オーガニックトマトー!SBD18(¥234)(1kg辺り0.438)安っ!
オーガニックピーマンー!SBD10(¥130)(1kg辺り0.202)安っ!
オーガニック卵ー!10個 SBD35(¥455)安っ!
ハムやサラミまで普通に手に入るー!
page5_201911300450402c7.jpg


見てよ!ワインのこの量!!
IMG_8736.jpg


輸入ビールの選択肢もたくさんー!
page4_20191130045038410.jpg


お肉専門店Meat Lovers。
ホニアラには何軒もお肉屋がありました。
こちらも店内が明るいし、商品がキレイに並んでいるし、品揃えが多いー!
P1016237.jpg


お肉屋の入り口には八百屋まで!
P1016238.jpg


ショッピングモールPanatina Plaza。
P1016241.jpg


フードコートまであります。
P1016242.jpg


ソロモン土産コーナー。
IMG_8810_20191130044959af3.jpg


ミルクだけでどんだけ選択肢あるのよー!
チーズやチアシードもめちゃくちゃ種類豊富で、サラミやハムが普通に手に入るー!
お豆腐まであるんですけどー!1パックSBD20(¥260)
何もかもに驚きっ!
page_2019113004495242b.jpg


そしてー!日本食!
page1_201911300450357d1.jpg
カレーSBD35(¥455) 黒豆375g SBD23(¥299) 小豆・白豆375g SBD28(¥364) 緑豆375g SBD19(¥247) 蕎麦・うどん270g SBD26(¥338) 海苔25g SBD30(¥390) タイ製パン粉200g SBD45(¥585) 日本製パン粉200g SBD109.5(¥1,424)


3か月前、トランジットでソロモンを訪れた時、ソロモンのことをバカにしてごめんなさい。

ソロモン、めっちゃくちゃすっごいわ!!

ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

禁酒理由とベジタリアンと願い

禁酒をした理由は、ずばり、、、

太ったから!


バヌアツ旅行で感染症に罹り、6月7月はエクササイズが出来ない&ストレスで暴飲暴食。

2か月間で4.5kg増量。。。

8月完治し、2.5kg減量したところで一時帰国。

43日間の一時帰国&旅行で4kgのお肉が( ̄▽ ̄;)

6月から±6kg。。。

前国で取りつかれたようにやっていた肉体改造は一体。。。


飲み始めると、ついつい深酒をしてしまい、食欲も止まりません。。

それでいっそのこと、禁酒をすることに。

それから、軽くベジタリアンに 笑

誰よりも肉食なこの私が!笑

夫はお肉無しでは生きていけないので、夫の分のお肉料理は欠かさず作っています。


お野菜が極端に手に入らない&バカ高い国でベジタリアンになるか?って感じだよね 笑

お金に物を言わせ、周りの人々が食べられないお野菜をたくさん摂取することで満たされ、お肉無しでも平気。

てゆうか、結局無い物ねだり?

禁酒とベジタリアンとエクササイズで、11月12月で6kg減量成功。


普段から洋食は作らないので、普段のメニューと差は無し。。
この国でこれだけのお野菜を集めるのはもう執念以外の何物でもない!笑
IMG_2821.jpg


食材がめちゃくちゃ限られた国。
同じお野菜を何種類も使うことになるけど、切り方や調理法や味で変化をつけ、品数を増やすことにより飽きません。
軽く禁酒と、軽くベジタリアンは今後も続けていこう!
IMG_3124_20200114121525fcc.jpg


エクササイズができないことが私にとって最強のストレスになるので、

病気やケガをしないこと、それからお家の故障等がないことを日々願っています 笑

ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 海外情報
ジャンル : 海外情報

ソロモン夫婦旅4 ~ギゾ島付近の隠れ家~

9月6日(金)~10(火) 2~6日目

アピヌン!

ギゾ島から約6㎞、ボートで約15分のムバンガンバ島(Mbambanga Island)。
島の大きさは長さ約2.5km、幅最大約100m、約400人が暮らす有人島。
学校や教会や万屋はあるけど、レストランや食堂や診療所はありません。
P1015971.jpg


透明度は抜群!
ホテルへ向かうボートから。
P1015960.jpg


ソロモンのリゾート地と言えば、ギゾ島周辺。
めちゃくちゃレベルが低いけど、この辺りで1番のFatboys Resort Hotel。
ウェルカムドリンクはレモンジュース。
IMG_8253.jpg


レセプション兼レストランから我がお部屋(左)。
P1015973.jpg
レストランでのみ利用できる無料Wi-Fiはほぼ繋がりません。
携帯電話の電波も入らず、ホニアラで購入したネットもできない~。 


ハネムーンバンガロー朝食無し1泊17,742円。
朝食無しのプランしかありませんでした!驚
クレジットカード利用手数料は3.8%。。。  
P1015958.jpg
設備は古臭く、家具やインテリアや蚊帳など全体的に超ダサいけど、お部屋が広くて快適でお手頃価格。


左奥に見える小島は、無人島のケネディ島(Kennedy Island)。
ケネディ島は、第二次世界大戦中ジョンFケネディが漂着した島。
その奥の大きな島は有人島のコロンバンガラ島(Kolombangara Island)。
太平洋戦争中、日本軍が占領し空港を建設。
ここでも多くの日本軍が命を落としました。
P1015961.jpg
ホテルのすぐ傍に、リゾートホテルレベルの別荘がありました。
持ち主は中国人!


お部屋からの見晴らしは抜群!
一度も閉めることなく、夜間もずっと開けっ放しだった窓。
広いバルコニーが気持ち良い~。
しかし、残念過ぎるお天気 涙
P1016036.jpg


お部屋の裏側は目隠しされ、プライバシーが保たれています。
シャワーや水道水は海に垂れ流し。。汗
お手洗いはさすがに下水がありました。
P1015976.jpg
オセアニアの多くのホテルはペットボトル水のサービスがありません。 
離島ホテルのお部屋に準備されているピッチャーの中身なんて、レインウォーターだし 笑
ずばり、雨水を貯めたお水 笑
駐在国の自宅では、首都でもこのレインウォーターなんだけど 笑


スタッフの数は20人。
クリーナーは、今私たちが住んでいる国から出稼ぎにやってきた人。
時給はSBD6(¥78)
聞き間違いでも、通貨間違いでもなく、時給が78円!
P1015975.jpg
ビリヤード、シュノーケル、カヤック、ペダルボート等が無料貸出。


レセプション兼レストラン。
強風と大雨で窓を閉めているけど、普段は大パノラマで海が見渡せます。
P1016043.jpg


夜はサメがこんばんは。
P1016023.jpg


その日に入荷した食材でコックがメニューを決め、食事時間になると黒板に書き出されます。
IMG_8405.jpg
バヌアツのリゾートと同じく、食事時間が限られています。
オセアニアのリゾートはサービス精神があまり無いよね。
朝食7時半~9時 昼食12時~14時 夕食18時半~20時


食事が美味しいという口コミを見たけど、日本人の口には合いません。。 
人数が多い時はブッフェ1人SBD180(¥2,340) 
P1016026.jpg


キッチン。
近くの島の子がコック。
P1016040.jpg
夫はこの素朴で何もやることがないリゾートをとても気に入っていました。
毎日がホリデーのような生活を送っている私は、退屈なリゾートに魅力を感じません。。。


島内にリゾートホテルは2軒。
もう一つのSunbis Resort Hotelへ徒歩で行ってみることに。 
P1015966.jpg


唯一この日は若干晴れたんだよね。。
P1015967.jpg


くちばしがめちゃくちゃ大きい、パプアシワコブサイチョウ(Blyth's hornbill)。
メラネシア、インドネシア東部、南アジア、東南アジア、サハラ以南のアフリカに生息。
熱帯林の樹上で生活し、エサは果実、昆虫、小脊椎動物など。
ブラジル辺りに生息するトゥカーノにソックリ!
P1015978.jpg


道がわかんなくなり、ホテルの庭師が途中まで連れて行ってくれました。
道中、自宅を案内してくれた庭師。
P1015982.jpg


バヌアツの離島の民家と同じく、建物がそれぞれ分かれています。
電気はソーラーのみ。
P1015981.jpg


こちらはキッチン。
P1015986.jpg


庭師の子どもたち。
外国人の私たちを見て泣き出しちゃった。。汗P1015983.jpg


水浴びは井戸水を利用。
P1015991.jpg


1本道になったところで庭師とはお別れ。
再び、目指すはSunbis Resort Hotel!


道中、2,3世帯の住宅がぽつりぽつり。
もっとまとまった村を想像していたんだけど、かなり小さなコミュニティーでした。
P1015996.jpg


右側の薄緑色がウォータータンク。
雨どいから雨水を集めたお水をウォータータンクへ。(見えにくいけど雨どいとタンクが繋がっています。)
貯まったお水をお料理や飲み水に使用。
P1016004.jpg


島の住居は、高床式。
こちらのお宅の1階ではちょっとした食品や日用品を販売。
P1016006.jpg


お洗濯中。
機械がやってくれる仕事を途上国では全て手仕事。
P1016001.jpg


立派なお墓。
P1015994.jpg


水浴び中の豚様。
P1016000.jpg


教会。
P1016005.jpg


ゲストハウスもありました。
P1015993.jpg


津波の注意書き。
P1016003.jpg


Fatboys Resort Hotelから徒歩40分、Sunbis Resort Hotelに到着。
オーナーは元はスイス人、現在の国籍はオーストラリア。
P1016007.jpg


この辺りも透明度抜群。
P1016010.jpg


レストランは狭いけど、居心地が良くリラックスできる空間でした。
我がホテルよりグレードは落ちるけど、携帯電話の電波が入るし、何よりオーナーが感じ良い!
P1016011.jpg


お部屋を拝見。
ホテルの部屋数は6部屋、スタッフは16名。
P1016014.jpg


バスルーム。
P1016015.jpg


ファミリールームには壁無しの大きなリビングがありました。
P1016016.jpg
食事時間の制限も無いし、朝食の種類も豊富。
我がホテルのオーナーはオーストラリア人、こちらは(元)スイス人。
これがオーストラリア人との差!なんだろうな。。

帰りはボードでFatboys Resort Hotelへ戻りました。
約5分 片道1人SBD60(¥780)

ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

自己紹介

R

Author:R
6カ国目(夫は7カ国目)の駐在生活中。

これまでの駐在先は、(アフリカ)→アジア→アジア→アフリカ→アジア→アジア→オセアニア。
諸事情により、駐在国名や地名や店名などは敢えて伏せてます。

万一このブログを見つけてしまった友人・知人の皆様、ご一報を!笑

趣味は旅。過去の旅日記も追加していきたいと思います。

過去記事一覧

全ての記事を表示する

カテゴリ
カウンター
検索フォーム